岩 手 県 技 術 士 会
Institution of Professional Engineers, IWATE
〒020-0122
岩手県盛岡市みたけ四丁目4番20号
土木技術会館内
Mail ; info@ipei.jp


 技術士について


 


技術士について

1.
2.


3.
4.
弁護士・公認会計士・不動産鑑定士・弁理士と並ぶ国家資格です。
技術部門は機械、船舶・海洋、航空・宇宙、電気電子、化学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、
衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学、環境、原子力・放射線及び総
合技術監理
21の技術部門が設けられています。
欧米のプロフェッショナル・エンジニアに該当する技術コンサルタントです。
科学技術に関する博士号と並ぶステータスを有し、法的な特典が付与されています。


定義

 技術士の名称を用いて、科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務を行う者をいいます。(技術士法第二条)

義務責務
 技術士には技術士法によって、次の3つの義務と2つの責務が課せられています。

《信用失墜行為の禁止》
 技術士又は技術士補は、技術士若しくは技術士補の信用を傷つけ、又は技術士及び技術士補全体の不名誉となるような行為はしてならない。
《技術士等の秘密保持義務》
 技術士又は技術士補は、正当な理由がなく、その業務に関して知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。技術士又は技術士補でなくなった後においても、同様とする。
《名称表示の場合の義務》
 技術士は、その名称表示に関して技術士の名称を表示するときは、その登録を受けた技術部門を明示するものとし、登録を受けていない技術部門を表示してはならない。
〈技術士等の公益確保の責務〉
 技術士又は技術士補は、その業務を行うに当っては、公共の安全、環境の保全その他の公益を害することのないよう務めなければならない。
〈技術士の資質向上の責務〉
 技術士は、常に、その業務に関して有する知識及び技能の水準を向上させ、その他その資質の向上を図るよう務めなければならない。


  ■ 技術士に関する詳細は、公益社団法人日本技術士会のホームページにアクセスしてください